国民生活センターに寄せられる脱毛サロンの被害報告ってどんなものがあるのでしょうか?それの対策についてもちょっと考え得てみました。

Posted on By

ショッピングセンターや人が集まるような所には必ずと言っていいほど脱毛サロンがありますよね!

ビックリするくらい安い料金で脱毛が受けられるというキャンペーンをやっているお店も多く、

昔のような脱毛=高いというイメージはもうないようです。

たくさんの若い女性がそのような脱毛サロンを利用していて、

ムダ毛のないつるつる肌を手に入れる努力をしているようです。

しかし、これだけたくさんの脱毛サロンがあり、多くの人が利用しているのですが、

トラブルを抱える人も少なくないようです。

国民生活センターには、多くの相談や被害報告が寄せられ、

必ずしも脱毛サロンでの施術で美しい肌を手に入れることではないようです・・・

脱毛サロンでの被害とはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 安い料金で施術を受けららるはずが実際に行ってみると高額な料金を請求された
  • 先払いで脱毛コースを契約したのに、なかなか予約が取れず脱毛が進まない
  • 安いキャンペーンを利用したのに、言葉巧みに高いコースを契約させられた
  • 脱毛の効果が全くない
  • 契約しお金も払ったのにお店がつぶれた
  • 肌トラブルが出たのに対処してくれない

本当にたくさんのトラブルの報告があり、機械の操作を誤ったようで肌にやけどの跡が残ったなど、

深刻な体に残ってしまうトラブルまであるのが現実です。

また、500円で脱毛が受けられるなどとうたっておいて、

実際は高額なコースを契約させるなど、

最初からマニュアル化された詐欺に近いお店もあるので注意が必要です。

 

それでは、このようなトラブルに合わないためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

ポイントがいくつかあるのですが、一番大事なのは信頼できるお店を選ぶということです。

近くに安い脱毛サロンがあればそこに通いたいと思うのは当然ですが、

高価な脱毛器を使った施術が数百円で受けられるなんてありえないと感がえるべきで、

あまりにも安いものにはやはり裏があると考えたほうがトラブルに巻き込まれずに済みます。

実際に脱毛サロンに通い、何か納得がいかない場合はすぐに高額なコースを契約するのではなく、

誰かに相談したりもう一度考え直す時間が必要です。

ネットで調べてみると同じ脱毛サロンでの被害報告を見つけることができるかもしれませんので、

そのようなサイトを参考にするのも良いかもしれません。

 

せっかく通う脱毛サロンでトラブルに巻き込まれるようなことがないように、

受ける側の知識もある程度は必要なのかもしれません。

 

脱毛サロン